Scuderia Ferrari | We Race Comic - City view

主な人物

ニューセントラルシティの摩天楼の影では、マックス、ニッキー、ヴァスコがフィニッシュラインまでS.A.N.D.I.を運転する準備をする。

Scuderia Ferrari | We Race Comic - Figure

マックス

ストラテジスト
がんこ
21
185 cm
65 Kg

規則がどうであろうと気にしない。コンピューターは車を運転できるようになるかもしれないが、パイロットにはなれない —。

Scuderia Ferrari | We Race Comic - Max sketch Scuderia Ferrari | We Race Comic - Max sketch

パイロットの誕生。

マックスの家族は、変化の前はスコットランドのハイランダーだった。大洋が永久に回復する前に避難する再中、船の船尾からそれを最後に見た最後のマッキンタイヤは、曾祖父であった。彼はその土地のやや厳しい性格を持ち込み、何世代にもわたってそれを伝えた。マックスは、頑固、貪欲、そして強情だ。重要であるかどうかにかかわらず、決めたことを途中で投げ出すことはできない性格だ。子どものころからバイクに興味を持っていたマックスは、プロのライダーになることを目的にしていた。頂点に立つことなど、絶対にできないことはもちろんわかっていたのだが。世界モータースポーツ連盟は、すでに自立運転システムに切り替えていた。

人間のパイロットは、マイナーカテゴリーで細々と続けることで満足しなければならなかった・・・あるいは、地下サーキットで幸運をつかむしかなかった。マックスがこの世界に入ったとき、彼はまだ少年だった。どちらも学者の両親は、息子に確実な人生を送ってもらいたいと願っていたため、そんな彼に反対したにも関わらずだ。自分の性格に自信を持っているマックスは、家族、特に父親との関係が破壊されても、その思いを曲げることはなかった。17歳の時、プリンチパート・ディ・アルビオーネにある生家を出、中大西洋岸にあるニューセントラルシティに移った。

最初のステップは陰に隠れていた。

連合政府の首都では、世界の他のあらゆる場所よりも、人間の頑強さと豊かさで絶滅をも乗り越えることができるという、人間の回復力が宣言されていた。電車を降りたばかりのマックスは、自分の家を見つけたような気分になった。

ニューセントラルシティは、JoyRideへの参加者と接触できる場所でもあった。地球で最も大きく、組織的な地下レースサーキットだ。その競技者によって選ばれた委員会によって管理され、商業的な関心からは厳しく切り離されており、寄付とクラウドファウンディングからのみ資金を得ているJoyRideは、本物の影のチャンピオンであり、スクデリア、チーム、豊かな聴衆に恵まれていた。

WMFからの圧力があったものの、政府でさえもこの組織の存在を邪魔しようとはしなかった。JoyRideは、フォーミュラワープとは対照的だ。車がどれだけ未来的かどうかに関心はない。車を運転するパイロットの技術にかかっている。広告スペース、派手な演出、バーチャルリアリティは重要ではない。重要なのは情熱だ。マックスは、適切な場所に通い、適切な人と知り合い、情報を集める。そして、ある小さなチームのメカニック、ヴァスコ モンローのつてで、三番目のパイロットとして一時的であってもかかわりが持てるようになるまであきらめなかった。車は、芝刈り機に羽が生えたようなものにスタビライザーがついていただけだったが、ヴァスコはその能力を発揮する技術を持っていた。

それだけ。

機会があれば、マックスはそれを逃さず、力を発揮した。短期間で有名になり、彼の能力はプロチームからも評価され、ファンは彼に夢中になった。彼の妹ニッキーと一緒に、レースエンジニアとして雇われ、ヴァスコとともにJoyRideの顔になった。すべてを変える電話が鳴ったのは、お祭り騒ぎの次の夜だった。チームプリンシパルは言った。「チームは買収された」と。誰かとは言えない。チームプリンシパルでさえ、自信のある回答ができなかった。金を持った誰かに間違いはない。文字通り、車とチームのすべてを譲渡するほどの金を積んだのだ。次のシーンズンはない。そう言った。
フォーミュラワープに移ってくれ。

マックスには何がなんだからわからなくなった。あのお祭り騒ぎの後にこんな知らせが来るとは。レガシーレーシングという新しいスクデリアとの関係が書かれた50ページにも及ぶ契約書をチームと一緒に読み漁り、落ち着こうとしても何を考えてよいのかわからなかった。新しい雇い主になるであろうと思われる人に関する情報は少なかったが、それらは非常に興味深かった。ニッキーには何をすればよいのかわからなかったが、マックスはもう決めていた。レガシーレーシングのボスとなる人は、彼と同じような考えだということが分かったからだ。つまり、フォーミュラワープは、レース界の間違っていることすべてであり、物事を変える時が来た、ということだ。

Scuderia Ferrari | We Race Comic - Figure

ニッキー

レース エンジニア
合理主義
20
174 cm
62 Kg

進歩は知識であり、知識には正解も不正解もない。単なる道具にすぎない —。

Scuderia Ferrari | We Race Comic - Nikki sketch Scuderia Ferrari | We Race Comic - Nikki sketch

信頼できる右腕。

ニッキーはマックスの妹。1つ年下だが、精神年齢は10歳上。マックスが何かをやらかすと、彼女が解決に手を貸してくれる。マックスがパイロットになりたいと思ったとき、マックスに考え直させ、両親を落ち着かせたのは彼女である。マックスと父親の言い争いが激しくなってくると、落ち着かせて視点を変えさせたのも彼女である。マックスは激しく感情的であり、ニッキーは思慮深く冷静である。兄がニューセントラルシティで冒険して逮捕されるか激突するかしようとしていたとき、ニッキーは最高点で高校を卒業し、大学に入学した。

コンピューターサイエンスの博士号を周りの友人より2年早く取得した。ニッキーはイノベーションと呼ばれるものすべてに興味を示し、研究は進歩・繁栄のために人類が使用できる恐るべきツールだと考えている。このため、マックスと同じようにニューセントラルシティに引っ越した。首都は、進歩と発展の中心だ。この星で最も重要な研究センターはそこにある。学歴が物を言い、ニッキーは人工知能開発を専門に行う優れた研究センターでの職を簡単に見つけることが出いた。

セントラルシティでの最初のステップだ。

気候マクロシステムに適用されたマシンラーニングに関する彼女の論文により、彼女は資金を獲得し、テクニカルチームは研究を前に進めることができた。兄のように、ニッキーは自分の位置を見つけたように感じることができた。しかし、幸せは長く続かなかった。間もなく、彼女の仕事は役所や機関の本部と衝突しはじめ、熱意は不満に変わっていった。ニッキーは、管理部門が規定した正規の手続きや複雑な手順を経ずにいれば、もっと多くのことを早く手に入れることができたはずだと思うようになった。

マックスとニッキーは二人ともニューセントラルシティに住んでいたため、頻繁に会っていた。ある夜、マックスがバーマンとして働いていたパブで、ニッキーは兄に不満を口にした。今現在の地位に到達するまでに何年も苦労したにもかかわらず、退職し、すべてをあきらめようかと考えていることを。
おそらく、彼女には趣味が必要だった。個人的なプロジェクトだ。彼女の進歩を妨げる政治、経済、役人の影響を受けずに打ち込める何かだ。彼女を刺激し、リラックスできる何か。

同じ人物でありながら、2つの顔を持つのだ。

ニッキーはため息をつき、ドリンクをすすり、顔を上げた。兄は、ほほえみながら彼女を見つめた。3日後、ニッキーは港地区にある名もなき倉庫にいた。そこは、車の整備工場になっていた。マックスは半分ほど分解された車のハンドルを握り、頭をボンネットに突っ込んだ体の大きな男はマックスにアクセルを踏むように言った。微笑む男は彼女に近寄り、手を差し出し、チームに迎え入れた。良いポジションを得るためには次のレースは重要であり、レースエンジニアは地位を高めるために必要な存在だ。

ニッキーは何を言えばよいのかわからなかった。周りを見渡し、兄を探した。マックスはわずかにうなずいた。大丈夫だ。2か月後、ニッキーは仕事を辞めた。JoyRideに専念するためだ。週に4日は兄が働くパブでドリンクを作り、テーブルを拭く。数年前に生活のためにウェイトレスになるように言われたとしたら、憤りを隠さなかっただろう。

いまでも信じがたいことではあるが、これ以上の成就を感じたこともなかった。

Scuderia Ferrari | We Race Comic - Figure

ヴァスコ

メカニック
思慮深い
24
192 cm
88 Kg

車の何が好きかって、シンプルで素直なところ。車はうそをつかない。—

Scuderia Ferrari | We Race Comic - Vasco sketch Scuderia Ferrari | We Race Comic - Vasco sketch

大地と水。

ヴァスコは、人生の大部分を家族やコミュニティと一緒に水の上で過ごした。大変化の後、ポリネシア列島は地図からなくなった。住民たちは、水害から免れるため、すべてを放棄するしかなかった。多くの人が近い大陸に逃げたのに対し、少人数のグループが大洋に避難し、遊牧民のような生活を始めた。
自身の由来を適応させることで、彼らの先祖の漂流能力を再度身につけ、大洋の海流に乗って快適な気候を探し求めるというさすらい人のコミュニティを作ったのだ。

その後、この数十人からなるグループは成長を続け、小さな国を形成できるまでになった。オセアニア人民国だ。ヴァスコは、オセアニア原住民の6代目だ。土地を持たない民族。あらゆる種類、あらゆる大きさの何百基にものぼる船を持ち、それぞれが異なる役割を持っている。大洋を縦横無尽に行き来する数多くの船であり、太平洋のあちこちにある沿岸都市と取引をしていた。ヴァスコは、無口で思慮深く、冷静だ。人民国の生活は簡単なものではなかったが、彼の冷静さを壊せるものはないように見えた。

都市にやってきた。

多くの友達がいるわけはない。一人でいることも苦ではない。少しの心残りは、両親だ。幼いころから、機械的なことには生まれつきの才能を示していた。10歳のころには、すでに機械のエキスパートになっていた。船のモーターに起こる数多くの問題を予測し、解決することができた。思春期のころ、この才能を開花させ、自身の顧客の船のメンテナンスや調整を請け負うようになっていた。ヴァスコは別の場所でその能力を発揮できるのではないか、と彼の両親は考えるようになった。長い議論の末、息子に本土の教育を受けさせることに決めた。

このようにして、ヴァスコはニューセントラルシティに移り、セントラルアトランティック大学の機械工学科に入学した。ヴァスコにとって、生活の変化は大変な苦労だった。大洋のその広大さになれていた彼は、大都市の摩天楼に囲まれ、息苦しさを感じるほどだった。夜は、星をも覆い隠してしまうほどの人口の光で、檻に入れられているように感じられた。しかし、彼はあきらめなかった。家族が大きな犠牲を払っていることはよくわかったいたからこそ、落胆させたくなかったのだ。

居場所。

ヴァスコは、自分の殻に閉じこもり、ただ前に進むだけだった。困難ではあったが、自身のプロジェクトがあった。大学は最新のラボを学生に開放していたため、ヴァスコは自由時間を彼のアイデアを発展させるために費やした。彼を生き生きとさせるものは何もない。ラボに残りたいと思っていたのだが、同級生に無理やり外出に連れ出されたとき、見知らぬ二人との会話に入ったことでヴァスコはみんなを驚かせた。その時の内容は、高度にカスタマイズされた推進システムの最適化についてだった。数分後、ヴァスコは技術データを包み隠さずしゃべり、解決策を仮説として立て、アドバイスまでした。

この二人の開いた口は塞がらず、目を見合わせた。そして、次の日の夜にある場所に来るようにと誘った。このようにして、ヴァスコはJoyRideの世界に入ったのだ。その後、4年間そこにとどまり、名声を築いていった。卒業後、彼は小さな整備工場での職を得た。仕事は大したものではなかったが、給料はよく、就業時間は柔軟だった。雇用主はJoyRideのファンで、ヴァスコが本職に多くの時間をさけるようにしていたのだ。ヴァスコが家族と話をするとき、彼は詳しいことを話すことはなかったが、両親に特に悩みはなかった。幸せそうに聞こえ、それが何よりだった。

章を読む
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2095 - Chapter 1 - シェイクダウン
シェイクダウン
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2095 - Chapter 2 - レース1
レース1
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2095 - Chapter 3 - ニューウェーブ
ニューウェーブ
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2095 - Chapter 4 - 別の季節
別の季節
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2095 - Chapter 5 - 引き続き格闘中
引き続き格闘中
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2095 - Chapter 6 - ファイナルラップまで
ファイナルラップまで