「・・・今回もアドレナリンのたぎるレースの終盤です。レガシーとミスカソニックが最後の最後までバトルを繰り広げています!」
「抜かされちゃだめよ、マックス!」
「もっと追いつけ!!」
黙って俺にやらせといてくれ・・・
「数ミリの差でミスカソニックの勝利です! ぎりぎりでレガシーを追い抜かし、先頭になりました!」
よし!
だめだ!
おい!
初回のレースで見受けられた傾向がずっと続いています。GP決勝レースまであと数日です・・・
「・・・先頭2チームの接戦です。全体が2つのグループに分かれ、後のグループは大幅に引き離されて、追いつくことが出来ません。」
「技術的にも哲学的にも正反対の2チームがタイトル獲得を競っています。」
「その片方は過去数回のチャンピオンシップで優勝したミスカソニックです。皆が競ってスポンサーになりたがっています・・・」
「・・・これに対抗するのは新進のレガシーレーシング。フォームラ・ワープ史上初の人間のレーサーがマシンを繰っています。」
レガシーチームが企てた大戦略により競技規則に盲点があることがわかり、多くのチームがこれを利用して優位に上がろうとしました。
一方、ミスカソニックをはじめとする他のチームは、無人運転システムの性能を上げて、状況に合わせて融通性の向上を図りました・・・
「・・・さらに他のチームでは、VIS.IOをべースとしたリモートドライブシステムへ転向しました。」
「中にはレガシーの例に文字通り倣い、マシンを大幅に改造してレーサー用のシートを設置したチームもあります。」
「それはあまりにも無謀かつ性急なチョイスであり・・・」
困った、コントロールできない! だめだ・・・
「・・・必然的に悲惨な結果を導きました。」
「2週間の自粛の後、レースが再開し、ミスカソニックがまた先頭を切っています。」
これが現在の状況です・・・史上に残るファイナルが間近に迫りました。
チャンピオンシップの最終戦です。フォーミュラ・ワープ世界選手権のタイトル獲得チームが決まります。
レガシー・レーシングとミスカソニックのどちらが勝つでしょうか? VIS.ユーザーの皆さん、何があってもレースをお見逃しなく。2日後に、ここワープテレビでお目にかかりしましょう・・・
・・・皆が注目するフォーミュラ・ワープ今シーズンのグランフィナーレで・・・
このくそテレビ!
くたばれレガシー! みすみすタイトルを取られるわけにはいかないぞ。ボスとスポンサーに約束したのだから!
落ち着いて。大丈夫よ・・・私がどうにかするわ。
カルデラアイランド 最終戦まで40時間。
マックス・・・
外で何してるの? 中に入りなさいよ。
ごめん。
息抜きしてたんだよ・・・集中力が要る。
睡眠も必要よ。もう深夜を過ぎてるわ。
終わったぞ、S.A.N.D.I.最後の診断だ。
やっと終わったか。
お前たちは帰っていいぞ。俺ももうすぐ行くから。
え?まだ居残るのか?
そうだ。S.A.N.D.I.と、もう一度サーキットの予習をしたいんだ。完璧でありたい。
心配ご無用。すぐに終わらせるから。
ああ・・・わかったよ。それじゃ、明日。
後でね、マックス。夜なべはだめよ。
約束するよ。また後で。
その後・・・
もうすぐだ・・・
最終戦は・・・
何だこれは・・・?

To be continued...

Read chapters
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2095 - Chapter 1 - シェイクダウン
シェイクダウン
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2095 - Chapter 2 - レース1
レース1
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2095 - Chapter 3 - ニューウェーブ
ニューウェーブ
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2095 - Chapter 4 - 別の季節
別の季節
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2095 - Chapter 5 - 引き続き格闘中
引き続き格闘中
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2095 - Chapter 6 - ファイナルラップまで
ファイナルラップまで