ちくしょう!ルーカス の奴がまたやらかしたぞ。
いや、どうなるかまだわからないさ。
ホスがようやくピットアウトしましたが、だいぶ離されてしまっています・・・」
「・・・一方イエーガーは、G-リップルズとの差をぐんぐん縮めています。フェルナンデスはイエーガーを負かすことができるでしょうか?」
この生意気娘め!こいつが2ラップをトップで切って俺たちの作戦を台無しにしやがった・・・
何か手を打たないと・・・もたもたしていないで、さっさとピットアウトだ!
俺は反対だな!
ボス。まだポイントを稼げるかもしれませんよ・・・
レース2回連続で我々が一位だ。 こんなことは未だかつて一度もない。
「できる限りこの気分を堪能させて・・・」
ミリ・フェルナンデス の独り舞台が続いてます・・・」
「・・・これまで誰も予想していなかったじゃじゃ馬の展開ですが、おかげで今シーズンの終盤がたいへんエキサイティングになっています・・・」
こんな激戦には、しばらくお目にかかりませんでしたね・・・
確かにそうですね。3人のレーサーの接戦となるとは・・・
俺はルーカスのようにせっかちではない・・・気長にチャンスを待って、きっと優勝してやる・・・ ワールドチャンピオンの座を取ってやる!
まだ終わったわけではないぞ・・・
「ホスが挽回中です。どんどん差を縮めています・・・」
だめだ!
「フェルナンデスのG-リップルズの速度が急に落ちました。ホイールのトラブルでしょうか・・・」
よし、今だ!
「長時間の維持は無理だろうとの予想です・・・このままでは一瞬にして天から地へ凋落する可能性が・・・」
ジム、見てろよもうすぐ追い抜くからな!
だめだ!タイヤがやばいぞ・・・
やっぱり・・・やっぱりそうか!幸いにしてピットからそう遠くはない・・・完走できるかもしれないな!
「フェルナンデスがピットインしました。しかし、ホイールにダメージがあるようです・・・リムが傷んでいなければよいのですが・・・」
あ、ちょっと!・・・ フランク、話の腰を折って悪いけど、ホスが限りなくイエーガーに近づいていますよ・・・“
「・・・サーキットで一番狭いコーナーで予想外の追い越しを狙っているようです・・・」
「あっ・・・ 追い越しに成功しました!実に見事なオーバーテイクです!」
ゴールで会おうぜ、ジム!
ルーカス・・・ 凄いぞ!よし!
な、何てことを・・・なんてことをしてくれたんだ!
チャンピオンシップは俺のものさ。どんなことがあっても、俺がいただくぜ、ジム!
「もはやホスはワールドチャンピオンへの道をまっしぐらです・・・しかし、今日のレースを見る限りでは、まだ決め込むには早いです!」
「フランクの言う通りです。チェッカーフラグが振られるまでは、どんな番狂わせがあってもおかしくありません!」
イエーガーがホスのウィングにアタックしました・・・
ノミ屋たちにとっては、最後まで頭のくらくらする展開ですね・・・ どんな結果もありですから!
「もう最終ラップだが、こんなに凄いレースになるとは・・・もう何周か余計に走れたら、皆もっと喜ぶだろうな!」
この頑固者め
・・・
これで勝利を手にしたと思ったら大間違いさ・・・
もうひと踏ん張り、最後の一周だ!
気を散らすなよ、ルーカス、今こそ集中力が要る瞬間だ!
行け、ジム今だ!このまま終わってしまっていいのか?
「一つひとつのコーナーで結果が決まっていきます・・・」
「誰が勝つかはわかりませんが、とにかく我々観客にとっては実にスペクタクルなレースです!」
せいぜいがんばれよ、だが俺を抜くことはできないぞ!
今は信頼するしかない・・・
最後までやってみなければ、どうなるかはわからないさ!
はい!!
イエーガーが最後の試みに失敗しました!新しいワールドチャンピオンはホスに決まりました!
やった!やったぁ!
いや、共にやってのけたんだ!
ルーカス、ルーカス!
ホス・・・てめえは・・・すげえな!
だろ?イエーガーから敬礼を受けたみたいなもんだ・・・
ジムは渾身の力を振り絞って戦ったみたいだけど、今日はアスファルトが俺の味方についたんだな!
おいおい・・・
ワールド・チャンピオン!ワールド・チャンピオン!
ワールド・チャンピオン!ワールド・チャンピオン!
ミリ、一体どうしたんだ、今日は。おまえ、頭がおかしくなったんじゃないか?
もう二度と俺の命令に反した行動は許さんぞ・・・
いけると思ったのよ・・・
上からの命令には従うものだ。お前の考えなどどうでもいい。二度と勝手な行動は許さんぞ。わかったな!
狂気の沙汰だ・・・ポイントを稼げたかもしれないのに!
そうね、それはいえたかもね・・・本当に狂気の沙汰だったわ。素晴らしいほどの狂気ね。凄いレースだったわ!
まあね・・・
だって、あなた、あの二人にぴったりくっついていたじゃない?生易しいことじゃないわよ、これって。ずば抜けた素質がある証拠よ・・・
オドネルさんがそう仰るのなら・・・
オドネルさんなんて、よそよそしい呼び方はやめて・・・ジューンと呼んでよ!
わかったわ、ジューン・・・
あなた、来年はもっと成功しそうな気がするわ。ねぇ、ちょっと一緒におしゃべりしない?あなたのことをもっと良く知りたいわ。

つづく

章を読む
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2095 - Chapter 1 - その直後
その直後
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2095 - Chapter 2 - 並外れた素質
並外れた素質
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2095 - Chapter 3 - ミリ
ミリ
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2095 - Chapter 4 - それぞれの居場所
それぞれの居場所
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2095 - Chapter 5 - 兄妹
兄妹
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2095 - Chapter 6 - 新たな始まり
新たな始まり