Scuderia Ferrari | We Race Comic - Characters

主な人物

ルーカスジムの運命は、アカデミーでの最初のレースのころから交錯していた。バランスをどのように取っていくのか?ディーンはこの新しい戦いでどの役割を果たすのか?

Scuderia Ferrari | We Race Comic - Doc and Red

勝利への唯一の道は、口数少なく懸命に仕事をすることだ・・・—。

Scuderia Ferrari | We Race Comic - Red sketch Scuderia Ferrari | We Race Comic - Doc sketch

夢と現実

子どものころから、ディーン・ロッソは暇な時間を車の整備工場で過ごすことが好きだった。父親や兄が働いている姿を観察し、やはり車オタクであり親友のヨセフ・フェッリと一緒に冒険にでかけることを思い浮かべていた。ディーンはエンジンが何より好きだった。その自由な感覚、そのパワー・・・そして、モーターレースはこれらすべてのコンセプトを最大限表現しているものだ。

ヨセフは、信じられないほどに複雑なそのメカニカルな部分に魅せられている。日曜日に行われるフォーミュラニューのグランプレミオは、絶対に欠かせないイベントだ。ディーンとヨセフは常に最前列を確保し、テレビからわずかしか離れていない床に座る。全速力で走り抜けるレーシングカーを目を見開いて見つめるのだ。数年がたって床からソファーに移動したが、その表情は変わらない。

出発と旅。

両親はディーンに学業を続けるよう説得した。整備工場はいずれ父親から息子に受け継がれる。経済部門を管理する人が必要だ。ディーンは友達に別れを告げ、ニューヨークに向けて出発した。ヨセフも旅立つ:彼は、オセアニアのニューパースで工学を学ぶのだ。この二人が再開するまでには長い年月がかかるであろう。

勉学の後、ディーンは家に戻った。学位を手にし、新しいものに挑戦したかった。整備工場を再度ブランド化し、ビンテージカーに特化するように父親を説得した・・・大変化後、特に数が減り、値段が上がった商品だ。これに成功し、ビジネスが成長した。裕福な顧客が並び、収入は増えて行った。

帰郷と再出発。

その間、ヨセフはレーシングカーの設計を専門に学び、短期間の間にグランプレミオの世界ではセレブのような立場になった。スクデリア間で彼を奪い合った。彼の設計がもたらすイノベーションで、フォーミュラニューは世界で最も人気のあるスポーツになった。時々ヨセフは家に帰り、2人は必ず会った。ちょうど彼らが会ったある夜のことだった。

あるスクデリアを設立するというアイディアを話した。冗談のつもりで言ったのだが、ディーンはそのことで頭がいっぱいになってしまった。数か月後、ヨセフは驚くような知らせを持って帰郷した。彼らのスクデリアにスポンサーが見つかったかもしれないというのだ。試作モデルはすでに設計しているが、それを具現化するために助けが必要だった。

夢が現実に。

2人は、シングルシーターの試作品の作成に黙々と取り組んだ。ディーンの兄の助けもあり、スポンサーの投資を取り付けることができた。今度は、パイロットを探さなければならない。ディーンにはある人が思い浮かんだ。衝動的で激しい性格の有能な若者だ。すべてを手に入れることができた人物なのであるが、怒りに任せてそれを無駄にしてしまった人物だ。

失うものは何もない人物:ルーカス・ホス。スクデリアに名前をつけなければならない。ディーンは、スクデリア・フェッリ/ロッソに使用と提案したが、ヨセフは首を縦に振らなかった。業界ではヨセフ・フェッリと言う名前を知っている人は誰もいない。誰もが彼のことを「ドック」と呼ぶからだ。ディーンは少し考え、賛成することにした。スクデリア・ロッソの誕生だ。

Scuderia Ferrari | We Race Comic - Figure
パイロット
激烈
21
179 cm
67 Kg

ルーカス、お前の問題は、態度がでかいことじゃない。2位でフィニッシュしたことしかないことだ・・・—。

Scuderia Ferrari | We Race Comic - Lucas Hoth face sketch Scuderia Ferrari | We Race Comic - Lucas Hoth helmet sketch

止められない力。不動の障害物。

幼少のころから、スポーツに対して異常なほどの興味を示したが、性格が激しく、チームで戦うことができないため、ある程度以上の結果を残すことができないでいた。モーターレース界にアプローチしたのは遅く、友達同士のレースに参加し始めたのは17歳の時だった。当初は過激な趣味でしかなかったのだが、情熱へと変わっていったのである。

ルーカスは、車に乗るために生まれたきたようだった。怖いもの知らずの無敵のドライバーとしての名声を築いた・・・

しかし、それは、事故 (自分の不注意が招いたものである) のために病院のベッドで1か月間を過ごさなければならなかった時までだった。

新しい機会。新しい試合相手。

病院で、フォーミュラニューの超有名チャンピオン、ベン O が見舞いに来てくれた。彼は、ルーカスの生まれながらにして持っている能力を知り、若いパイロットのためのアカデミーに入ることを提案した。彼が主宰しているO-アカデミーである。ここで、ルーカスはジム・イエーガーと知り合う。彼の最大のライバルだ。数年で、この二人はすべてのマイナーカテゴリーで表彰台に上り、常に競い合ってきた。そして、ベン O はシーンからの引退を発表した。

そして、スクデリア・アステルダの第一パイロットとして彼の後継車を任命すると発表した。ルーカスは、チャンピオンシップの最後のレースに勝ち、チャンピオンの肩書を勝ち取らなければならい。しかし、緊張のあまり重大なミスを犯してしまう。ゴールの直線手前の最終カーブで、ルーカスはルートを誤り、貴重な10分の1秒を失ってしまう。ジムはライバルを振り払う好機を逃さず、ゴールを駆け抜けた。そして、タイトルを獲得した。

無への飛躍。張り詰めた手。

ボックスに戻ったルーカスは理性を失い、チーム、テクニック、世界全体を敵に回すほど怒り狂った。怒りのあまり、壁にヘルメットを投げつけ、立ち去った。翌日、ベン O は後継者を発表した。ジム・イエーガーだ。その直後にベン Oの死が発表された。長い間彼を苦しめいていた病が原因だった。

この知らせを聞き、ルーカスは落胆するしかなかった。彼が戦ったものはすべて失われた。すべて彼のせいだ。何週間も家から出ず、電話に出たり、メッセージに返信することもやめた。引きこもりだ。ディーン・ロッソが自身のスクデリアで走るのを提案したのは、ちょうどこのような状態の時だった。

Scuderia Ferrari | We Race Comic - Figure
パイロット
計算高い
23
176 cm
71 Kg

ジム、お前の強みはその集中力だ。風はお前より早く駆け抜けるが、お前はどこに風が吹くかを常に把握している。—。

Scuderia Ferrari | We Race Comic - Jim Jager face sketch Scuderia Ferrari | We Race Comic - Jim Jager helmet sketch

心が物を支配する。

彼のパイロットとしてのキャリアは、クイーン・マーガレット・カレッジのレーシングクラブの机の上で始まった。もともと孤独を好むジムは、エンジンの轟音に包まれ、孤独でいるというロマンチックとも言えるアイディアに惹かれた。ジムは生まれながらの才能に恵まれたわけではないが、頑固だった。レースを重ねるうち、周回を重ねるうち、徐々に上達していった。

自分自身と敵について研究し、戦略を練り、可能性とルートを計算した・・・

そして、短時間でキャンパスを支配するチャンピオンになり、その後はプリンチパート・ディ・アルビオーネのチャンピオンになった。彼のおかげで、クイーン・マーガレット・カレッジの旗が表彰台の最も高い位置にたなびいた。

同じ人物でありながら、2つの顔を持つのだ。

すぐにジムはO-アカデミーに入るように招待された。フォーミュラニューのチャンピオンであるベン Oが設立、運営している若きパイロットのための学校だ。アカデミーでは、はじめは困難を乗り超えなければならないが、ジムはあきらめなかった。挑戦をすることで生きていることを実感できたし、自分自身への挑戦が何よりも面白かった。短期間のうちに、ジムはアカデミーの中でも最も期待されるパイロットになった。

そして、ルーカス・ホスがやってきた。頭に血が上り、脳ではなく本能に任せて運転する。完璧な敵だ。数年間、二人はレース、トレーニング、とりわけ表彰台の中心にいた。ルーカスが表彰台の高い位置にいる時もあれば、ジムが高い位置にいる時もあった。唯一の定数は挑戦だった。どちらかがより優れているというものではなかった・・・ベン O が引退を決意し、その後継者をテレビの生放送で発表するまでは。

全てが変化し、なにも変化しない。

ジムは、その誰かが自分であることを知っていた。フォーミュラニューの次のチャンピンシップは、マイクのシングルシーターで迎えることになる。確信がある。しかし、その前にチャンピオンシップの最終レースで勝利し、ルーカスからタイトルを奪わなければならない。二人は最終カーブまで激しい戦いを続けた。ジムは抜け道を見つけ、ライバルを引き離し、ゴールを駆け抜けた。

タイトルを奪った。その後は、ドミノ式にイベントが続いた。ベン O は後継者を発表した。ジムがスクデリア・シルバーのために走り回ることになるだろう。予想通りだ。ルーカスは理性を失い、引きこもった。ベンは亡くなった。闇だ。ジムにはほかのことを考えている暇はなかった。トレーニングしなければならない。これまで以上に厳しいトレーニング。挑戦しか残っていない。

章を読む
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2057 - Chapter 1 - ライトオフ
ライトオフ
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2057 - Chapter 2 - ピットストップ
ピットストップ
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2057 - Chapter 3 - 対戦
対戦
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2057 - Chapter 4 - 偉大なパイロット
偉大なパイロット