失われた都市・・・捨てられた大都会の魅力・・・」
「私の最も好きなグランプレミオの一つです。多くのファンにとっても同じでしょう・・・」
ルートをふさいだぞ。ジム、お前はもうどこにも行けない!
ルーカス!扉が閉まっているときは、ノックするんだ・・・力を込めてな!
「信じられません!イエーガーがホスに全力でぶつかりました・・・」
「ホスはシングルシーターの制御を失いました・・・」
「イエーガーはサーキットに残り、追い抜きます・・・」
「またしてもイエーガーの勝利。しかし、限度ぎりぎりの追い越しでしたね・・・」
何やってんだよ・・・お前狂ったのか?
落ち着け。レースはもう終わった。
死ぬかもしれなかったじゃないか!
できなかった・・・ルーカス、お前は遅いんだよ。それを受け入れろ!
おれは・・・お前は・・・
落ち着け。ルーカス。後悔するようなことをする前に・・・
お前は、自分のキャリアを後悔するべきなんじゃないか・・・ベンは正しかった。お前じゃなくて俺を好んだんだ・・・
そんなことはない。嘘ばっかりつくんじゃねえ。
しかし、今までの所、彼は正しかったぞ・・・
おれがチャンピオンだ!
おまえ、あいつより多く勝ったのか?
おれは・・・ちくしょう・・・
選ぶ時が来た。才能だけに留まりたいのか、それともチャンピオンになりたいのか?
答えなくちゃいけないのか?
じゃあよく聞くんだ。次のグランプレミオに向けてアイディアがある・・・
ドック、今日ストーリーを書こう・・・
お前と同じ情熱があればな・・・
「パイロットがスターティンググリッドで対峙し、スタートしようとしています・・・」
ジャイアント フォレストグランプレミオは、常に驚きの連続です。今回もそうなるでしょうか?」
「ホスはまるでばねのようにイエーガーにアタックし続けていますが、成功しません」
今だ!真実の瞬間・・・
「イエーガーがボックスに止まります。フィールドがホスのものになります。」
「使いこなしたいようですね。」
「グランプレミオの後半でホスがこんなに早く走ったことはありません・・・」
「敵よりストップ回数が1回少ないのですが、このままゴールに向かうのでしょうか・・・タイヤは耐えられるのでしょうか?」
終わり良ければすべて良し。そうだろう・・・
「ついに俺が勝つぞ!
「ホスがやりましたね。レッドの初勝利です!すばらしい試合でした!」

つづく

章を読む
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2057 - Chapter 1 - ライトオフ
ライトオフ
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2057 - Chapter 2 - ピットストップ
ピットストップ
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2057 - Chapter 3 - 対戦
対戦
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2057 - Chapter 4 - 偉大なパイロット
偉大なパイロット