「規則が変わったんだ・・・」
「・・・大変化の後に」
「荒涼とした世界になっちまったけど、俺らの心は枯れていない。」
「このチームは俺らの情熱から生まれたんだ。」
忘れるな。絶対に。
だからこそ、すばらしいシーズンにするんだ。
最高の車がなくたって、魂をつぎ込むんだ。最終カーブまで。
ルーカス!俺らはお前を信じるぞ。
勝つためにここにいるんだ!
厳しい1年になりそうだ・・・
フォーミュラニューは、もはやスターゲイザーに支配されている。パイロットのジム・イエーガーは、マジですごいやつだ。計算高く、常に次のカーブを見据えている・・・
・・・そしてものすごいシングルシーターを乗り回す。
「でも、俺らもそんなに悪くはないけどな・・・」
始まるぞ。スタートまであと数分だ・・・
・・・頭を使え。わかったな。
ディーン、心配するな。最初の数周を押しに行けば、レースに勝ったも同然だ。
集中力を切らすな。わかったな。このサーキットでは、スピードだけが物を言うのではない。
でも俺が一番速い。 他のレーサーは俺がぶちまく埃をかぶるんだ。
エンジンの轟音がまた鳴り響く。今日、フォーミュラニューの新シーズンが始まります。こんなに夢中になったのは初めてです。
スターゲイザーはアドバンテージがを維持できるのでしょうか?彼らの長きにわたる勝利に割り込むことができる人が現れるのでしょうか?
ルーカス・ホスなんかは、その候補とも言ってよいでしょう。目が離せません。パイロットは非常に激しい性格ではありますが、予選ではその力を発揮して、2番スタートです。アドバンテージを持つジム・イエーガーのすぐ後ろです。
たった今スタートしました!
ドック、お前はどう思う?
あいつは速い・・・しかし、レースはまだ長い・・・
「ホスはイエーガーにぴったりとくっついています。追い越したいのでしょうか。」
「やりましたね!イエーガーが2位に落ちました!」
ジム、お前遅いぞ・・・
いつも通り頭に血が登ってる・・・
追い越せるもんか!
くそっ!
「ホスはイエーガーの最終アタックに我慢できないようです」
ちくしょう、何でいつもこんなに速いんだよ?
「イエーガーが大胆に追い抜いて主導権を奪い戻しました!そして、ゴールに向かって駆け抜けます。」
ルーカス、いい試合だったよ。しかし・・・
やっぱり
・・・
やつが勝った
・・・
しかしそれは今だけだ。イエーガーの強さが分かったはずだ。やつを叩きのめす戦略がある。しかし、お前はチームを信頼し、孤独なオオカミのようなふるまいをやめなければならない。

To be continued...

Read chapters
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2057 - Chapter 1 - ライトオフ
ライトオフ
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2057 - Chapter 2 - ピットストップ
ピットストップ
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2057 - Chapter 3 - 対戦
対戦
Scuderia Ferrari | We Race Comic 2057 - Chapter 4 - 偉大なパイロット
偉大なパイロット